スマホの充電器のような・・・

最近外出しててスマ穂の充電が良く切れてしまうのが困り者なんですよ。
充電のコンセントを持っていれば確かに充電は可能ですが、
コンセントがさせなければ充電できないのとまったく同じです。


最近だとスタバとかマックなんかはコンセントが付いていたりいますが、
たまに充電禁止とか張り紙が着いてることが有りますよね。
ではなぜコンセントを用意したんだ・・・

緊急で充電が必要なときもよく有りますから、
そんな時は充電器を使うほうがいいですね。


でもただ充電できるだけの機能性だと、なんかもったいない気がします。
最近のスマホ用充電器は多機能で、他のことにも使えることが特徴的ですよね。

友人が持っているやつは、USB端子があれば充電器になって、
普段はスピーカーになるスグレモノです。

でもこの間、すごい便利な多機能充電器が有りました。
なんと車のジャンプスターターになるんです!

正確に言えば車やバイク用のジャンプスターターがスマホ用の充電器になるスグレモノなんです。
僕は普段から車を使っているので、ここまで軽量化されたジャンプスターターなら是非とも欲しいかもしれません。
そこまでジャンプスターターは普段から使う必要が無いのですが、いざ緊急時には持っておきたいアイテムですね。

どれだけ高性能なのか

スマホの充電器にもなるジャンプスターターはどれだけ高性能なのか。
正直、スマホの充電をしていたら、電力が残っていなくて、
ジャンプスターターとしての機能を余り使用できなかった。。。
なんてなったら意味ないですよね。

まずこのジャンプスターターのサイズ。
本来のジャンプスターターはかなりでかいです。
車のトランクに積んでいたら、かなり場所を圧迫してしまうでしょう。


でもこのジャンプスターターは車のサイドボードや、
自分のはいてるズボンのポケットにも余裕で入ってしまいます。


充電をしているスマホとほぼ同じサイズで、持ち運びも非常に便利。
普段は自分のかばんに入れておいて充電器として使用し、
緊急時はコネクトを車に入れておいて、
バッテリー上がりを解消することが可能です。


そのジャンプスターターが満タンのときに、何台分で機能するのか。
気になりますよね。正直本体が小型だと、
容量も低くなってしまいますから、そこまで何台に対しても使えないのではと思われがちです。
なんでも20台分はいけるそうです。

十二分な性能ではないでしょうか。


しかも、おまけ機能としてLEDのライトがついてます。
地味にこういった機能が付いているのは便利ですよね。
車好きな人には1台は入手して欲しい一品です。